税理士の役割

ほとんどの会社は、設立から一年がたった後に決算申告をしなくてはいけません。個人で確定申告を行う場合とは違い、法人における決算は非常に難しいものです。個人事業時代であれば問題なく自分でできていた方でも、申告書を作るのに苦戦することでしょう。
そのときに改めて税理士を探すことも出来ますが、あわてて探す必要があったり、良い税理士が見つからないという自体も考えることができます。

会社設立後の手続きは、設立後の期間が決められているため、自分で対応しきれないと判断した時点で早めに税理士へ依頼することを検討するのが賢明です。設立時より税理士に顧問の依頼がされていれば、会社設立後に改めて探す必要がなくなり、しかもある程度把握した状態からスタートできるので、決算申告の作成もスムーズになります。さらに、利益が出ている場合、節税対策の助言もしてもらいやすくなるでしょう。

会社設立をするほうに税理士もいるので、税理士に話を聞かなければなりません。税理士に会社設立を依頼した場合の手続きにかかる費用は、税務顧問も同時に依頼することで安く抑えることが出来ます。費用に関して心配なら問題ないでしょう。会社を設立する際には、税理士に相談したほうがトータルで安くなるでしょう。

参考HP〔http://www.adiretax.jp/
税理士による会社設立支援を行っている会計事務所のサイトです。