税理士への相談

会社設立時に悩むのは、経理を税理士に任せるべきかどうかではないでしょうか。会社の経理関連をすべて税理士に依頼してしまいえば、会社設立にかかる費用の計算などを手助けしてくれます。もちろん、自分で行うことも可能ですが、複雑なもので専門的な知識も要するため、自分一人ではなかなか進まないものです。その点、税理士に頼めばそのような問題もまったくありません。

ただし、設立時の登記手続きは税理士が行うわけではないため、司法書士へ依頼することとなります。税理士に会社設立の手続きを依頼する場合の費用の相場は、だいたい30万円ぐらいです。また、会社設立後は税務に関する相談が多く出てくると思いますので、税務顧問も同時に依頼するのが良いでしょう。一緒に頼んだ方が費用を安く抑えられるケースも多いです。

企業をする際に主に必要となるものは事業計画書です。会社設立手続きをする際にも、その手続き方法が分からない場合もあります。企業支援は顧問契約をすれば全面的にサポートしてくれます。企業の支援を税理士に依頼したい場合は、顧問契約も一緒にしたほうが良いでしょう。会社設立の手続きに限らず、準備すべきこと、さらに会社を立ち上げた後の手続きについても、総合的に支援してもらえます。